So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

絶滅危惧種の「イシガレイ」が来た!!「ヨコハマ」の学名がある「マコガレイ」とともにDASH海岸を「カレイの王国」にしたい [DASH海岸]

東京湾を多様な生き物が棲める海へ

東京湾の工業地帯の一角にある横浜DASH海岸は、今年で8年目。さまざまな工夫を施して生き物たちを呼ぼうと努力した甲斐あって、工場に囲まれているとは思えない透明度の水を実現。環境が良化した結果、生き物たちも予想を超える種類が集まり、しかも繁殖している。

DASH海岸はボラの子供で大にぎわい

2017年5月、城島、山口、木村さんらが横浜DASH海岸にやってきたら、そこはボラの子の大集会場だった。
無数のボラの子が所狭しと泳ぎまくっていた。城島、山口が水につかる足元にも、沖30mのところもボラの子が押し寄せピョンピョン跳ねている。
城島「うわー!なんぼおるの!?」
木村さん「渦巻いてる。水族館」
山口「これ今までで一番じゃないですか」
木村さん「一番だねえ、見たことない」
ボラは江戸前の代表格の魚で、昭和30年代までは洗いや田楽などで食べられていた。縁起の良い魚(ボラのように出世を)でもあった。しかし近年、汚れた海でも棲めるため汚染された「食べられない魚」ともされてきた。きれいな海では刺身などが絶品の魚である。
DASH海岸を作ったばかりの頃(2009年)にはボラも棲めないヘドロの海だったのを、干潟造りをしてからその年の6月に初めてボラの子が見られたのだ。
それから8年、めちゃくちゃに大量のボラの子が押し寄せてきた。
城島「この大きさだとハクですか」
木村さん「そう、ハク」
ボラは成長段階で呼び名が変わることから「出世魚」とも呼ばれ、2〜3cmが「ハク」、約15cmが「オボコ」、約25cmが「イナ」、30〜40cmが「ボラ」、40cm以上を「トド」と言う。「トドのつまり」(結局・つまるところ)の語源ともなっている。
こんなに大量発生したのは?
城島「やはり干潟ですか?」
木村さん「そう、干潟を目指してきてるんですよ。藻を食べに浅瀬にやってくる。付近に浅瀬ないですから」
山口「それほどここが良くなってきてるんだなあ」
城島「これならカレイの王様も来るんじゃないですか」
木村さん「来ると思いますよ」

絶滅危惧種「イシガレイ」発見!

それはTOKIOがずっと棲み着いて欲しいと願う「マコガレイ」のことだった。
東京湾には昔からマコガレイが多く、特に横浜で多く獲れるから「ヨコハマ」という学名がついているほど。
ところが最近では数が激減、ヒラメより高い高級魚となっている。
きれいな砂地に棲み、小魚や甲殻類など小動物が大好き。
木村さん「ちょうど今の季節(5・6月)カレイの子が浅瀬にやってくるんです」
この大量のボラを狙ってカレイの子が来ててもおかしくないと、一同は酒粕とニンニクを混ぜ合わせたエサを作り(カレイはアミノ酸の匂いが大好きだから)、海に仕掛けてカレイを待つことにした。これは江戸の頃より使われている「もろこ漁」(もろもろの小魚を獲るのが由来)とも呼ばれている。
2年前はこれを筒に入れて一晩待ったら絶滅危惧種の「ニホンウナギ」が入っていた。
エサのそばにカメラを設置して観ると、真っ先に「キビレ=キチヌ」が来た。
山口「流れが速くなった。いや流れじゃない魚のヒレだ、何だスズキか」
木村さん「大きさからするとスズキですね」
次に来たのは海岸の主「ミシシッピアカミミガメ」。ただ通り過ぎただけだった。
次はでっかい顔が写った。「カワウ」だ。海岸最強のハンターだ。
次に砂に隠れつつ移動する魚が写った。
城島「ついに来ましたよ」
学名「ヨコハマ」幻と言われる「マコガレイ」の赤ちゃんか?
その後をヤドカリが歩きその後をもう1匹のカレイが砂地を這うように進んで来た。
山口「けっこういるんだ」
城島「調べたいですね」

東京湾には12種類以上のカレイがいる。「マガレイ」「ホシガレイ」「マツカワガレイ」「ヌマガレイ」「ナメタガレイ」「マコガレイ」などだ。
そこで網で追い込んで捕まえることにした。城島と山口が深いところから波打ち際まで追い込んで捕まえたのは…
小魚に混じって跳ねたカレイ、これを水槽に入れて観察。
山口「カレイが来てくれてうれしい。東京湾にカレイが帰ってきた!」
城島「でもちょっと、特徴的な柄」
木村さん「これね、大事件です。これね、マコガレイじゃなくてイシガレイなんです」
城島・山口「えっ?」
木村さん「カレイは全般的に減ってきたんですけど、イシガレイはゼロに近いぐらい減っちゃったんです」
「マガレイ」「マコガレイ」と並ぶカレイ御三家の一角が「イシガレイ」。江戸時代からカレイと言えばイシガレイのことだったが、近年数が激減、東京湾では「幻」クラスとなっている。
木村さん「3年前、横浜市はこれが見つかったという記者発表をやったくらい」
横浜市の調査で平成25年5月に14年ぶりにイシガレイの稚魚を確認した旨の記者発表が行われている。
山口「(深海の古代サメ)ラブカとどっちが貴重ですか?」
木村さん「私的には甲乙つけがたい。東京湾の環境を扱っている人間にとっては、内湾でイシガレイが見つかる方が嬉しいでしょう」
城島・山口「そうですか」
木村さん「特徴的なのは白い点、マコガレイより若干口が大きい」

山口「これ生まれてからどれくらいですかね」
木村さん「4ヶ月くらい」
子供でも大人と変わらぬ能力で砂地に潜る。
山口「もうわかんない」
城島「潜りの天才だ」
別名「海の忍者」とも呼ばれている。
城島「砂地が大事なんですね。硬くてもダメだし泥みたいにやらかすぎてもダメだし」
木村さん「横浜は半農半漁が多かったんですが、カレイが干潟で見れると、そろそろ田植えの季節だね、ってわかって田植えを始めたんですよ」
そう言えば福島での「ふくおとこ」の田植えは5日前だった。
城島「干潟をもっときれいにしてカレイにたくさん棲んでもらい”カレイ王国“にしたい」
山口「面白いね」

以上、2017年6月18日夜7時・日本テレビ系「ザ!鉄腕!DASH!」からでした。

【ザ!鉄腕!DASH!公式HP】http://www.ntv.co.jp/dash/


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

愛!wanna be with you… (初回限定盤+通常盤セット) [ TOKIO ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

fragile [ TOKIO ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)





TOKIO「新男米」の品種改良米「ふくおとこ」を田植えする [福島DASH村]

福島DASH村で17度目の米づくり

新男米をさらにグレードアップへ

明雄さんの教えに従ってDASH村で米づくりを開始したのは2001年の春。
日本にある米の品種356種類から、味と香りが良い「ひとめぼれ」と寒さに強い「たかねみのり」いもち病に強い「ふくみらい」をかけ合わせて作ったのがTOKIOオリジナル米の「新男米」だ。
毎年収穫の際に種を残しながら、大震災を乗り越え作り続けて来て、今年で17年目となる。等級も最高の一等米の仲間入りまでできた。
しかし、米食味鑑定士・入口寿子さんから、新男米は「旨味が長続きしない」と指摘された。これは隠し味となる雑味が足りないことが原因だと言われた。
そこでTOKIOは品種改良に取り込むことにした。
雑味を補う米として選んだのは「チヨニシキ」。これは三瓶明雄さんが残してくれた品種だ。
今年の米作りはこの新男米の品種改良が中心となった。

新男米×チヨニシキ=107粒

新男米とチヨニシキの結婚は、雄しべを取った新男米のめしべにチヨニシキの雄しべの花粉を付着させる「花粉交配」で行う。
品種交配は、なかなか大変な作業だ。モミの先端をハサミで切り、中の雄しべを除去するのだが、ミリ単位なので、作業は難航した。これには大工仕事や土木作業が得意な山口も、雄しべの幅が0.3mmという細かい作業。一つのモミから6本の雄しべを取り除いたところへチヨニシキの花粉をかけるのだ。
秋、種を確認したら、交配したのは20株。交配に成功したのは全部で107粒(成功率約3%)だった。

2017年春、この種を苗床に入れた。
5月、山口が芽の出具合を確認したら、まったく芽が出ていなかった。
すわっ!失敗か!?山口は落胆した。
そこで、福島DASH村の協力者・難波さんと一緒に、苗を温めるシートをかぶせた。
難波さん「最後の望みだね」
1週間後、城島も加わって苗の出具合を見たら、何と、芽が出ていた!
山口「やっぱり温度管理は大事なんだね」
しかし、発芽を数えてみたら57個だった。

 交配4000→タネ107→苗57という状況だった。

山口「ここからだな」
城島「どこまで伸びるか?」
山口「強く伸びてくれるといいなぁ」

そしてここからの成長は早かった。3週間後の5月下旬、すくすく伸びた苗を見ることができた。
だが、新男米の苗に比べて茎が細いのが気になるところ。葉も少なく色も薄い。
城島「はね返りの感じも弱い」手でなぞっての感触だ。さらに苗床を持ち上げて下を見ると、根張りも弱かった。
山口「根に太さが感じられないから、心配だらけ」
難波さん「でも植えてみないことにはわからないから」

新品種の名前は「ふくおとこ」に決まる

というわけで、TOKIOは新品種の田植えを行うことになった。
城島「17度目の米作りはここからがスタートや」
57本だから畳10畳分の田んぼだった。
山口「ちっちゃ」
城島「新品種の名前どうしようか?」
山口「チヨニシキ×新男米→チヨ男」
城島「なんか弱いなあ」
山口「ふく、ふくおとこ、はどお?」
難波さん「ああ、いいですねえ」
城島「福島のふくと男米の男で“ふくおとこ”!」

17度目の田植えは2人で十分だった。
いつもなら村の仲間たちと1時間かけていた田植えも、今回はものの10分で終了した。
このあと、村の仲間たちがやってきて、田植えの成功を祈って豊作祈願の食事会。
新男米のおにぎりを七輪で焼いて、孝子さん特製の新男米を使った味噌をつけてさらに焼く。香ばしい佳い香が漂ってくる。
このこんがり焼き立てをみんなでパクついて新品種「ふくおとこ」の成功を祈った。


以上、2017年6月18日放送の「ザ!鉄腕!DASH!」からダイジェストで紹介しました。

【ザ!鉄腕!DASH!公式HP】http://www.ntv.co.jp/dash/


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

愛!wanna be with you… (初回限定盤+通常盤セット) [ TOKIO ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

fragile [ TOKIO ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

TOKIOの新曲は『クモ』〜くりぃむしちゅー有田哲平主演の『わにとかげぎす』主題歌 [TOKIO]

長瀬作曲の最新曲

TOKIOの新曲『クモ』(8月30日発売)が、お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平が主演するTBS系連続ドラマ『わにとかげぎす』(7月19日スタート、毎週水曜 後11:56)の主題歌に決定した。

 同ドラマは、『行け!稲中卓球部』『ヒミズ』『ヒメアノ~ル』などで知られる古谷実氏による同名漫画を実写化。今まで面倒を避け孤独に生きてきた男・富岡(有田)がある夜、突然「孤独は罪だ!」と気付き、友達を作ろうと星に願う。ところが、あらゆる事件に巻き込まれ一生懸命もがきながら生きていく…というストーリー。ヒロイン役で本田翼が出演する。

 53枚目のニューシングルとなる『クモ』は、ドラマスタッフからオファーを受けた長瀬智也が原作漫画を読み、不器用ながらも必死に生きる主人公を想い書き下ろした渾身のロックナンバー。

 長瀬は「主人公・富岡の変わろうとする心、不器用ながらも真面目に生きる姿勢に心打たれました」と原作を読んだ感想を伝え、「ドラマの中でこの曲がかかっている時間だけは、そんな富岡がかっこよく見え、彼のきれいな気持ちがドラマチックに伝わると良いな、と思っています」と話している。

 プロデューサーの峠田浩氏は、主題歌を依頼した理由を「有田哲平さん演じる富岡と本田翼さん演じる羽田の純粋な思いや恋愛を原作で何度も読んでいたとき、TOKIOさんの『LOVE YOU ONLY』が頭の中で自然とリピートしていました。それ以降、富岡と同世代となった長瀬さん、そしてTOKIOさんは、この『わにとかげぎす』の世界観をどう表現してくれるかと考えるようになり、これはTOKIOさんしかないとオファーしました」と説明した。

 先日、この主題歌を聴いた有田は「この曲がドラマの中でかかることを想像しただけで、すでにグッときています!」とコメント。共演の本田や賀来賢人も「え!? TOKIOさんですか??」と目を見開いて驚いた後、大興奮。カラオケでTOKIOの楽曲を歌うことがあるという賀来は「ヘビロテして聴いてます」と、すっかりお気に入りとのこと。

(2017.6.21 ORICON NEWSより)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

愛!wanna be with you… (初回限定盤+通常盤セット) [ TOKIO ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

fragile [ TOKIO ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

澤穂希が0円食堂に登場〜東京都あきる野市で「0円コロッケ」をつくる [0円食堂]

捨てちゃう食材だけど良い食材をゲット

今回、城島と国分は、東京都あきる野市の直売所「秋川ファーマーズセンター」にやって来た。
すると、玄関付近に鉄腕のジャージを着た、どこかで見かけた人がサッカーボールでリフティングを行っていた。2人が近づくと、その人は軽くパスを出した。それを受けた国分が気づいた。
何とその人は、日本を女子W杯優勝に導いたレジェンド・澤穂希さんではありませんか!
城島「宣伝も何もなしで出演?」
国分「アポなしロケを澤さんにやらせていいんですか?」
2人は驚いたが、澤はもちろんOK。
というわけで3人で0円食堂をやることになった。
そして澤さんのご主人が喜ぶという「コロッケ」を今回のメインディッシュにすることになった。
直売所で食材チェックした後、城島ルートと国分・澤ルートの二手に分かれて捨てる食材探しへ。

●国分・澤──養鶏場へ
 冷凍庫に残っていた<捨てちゃう>東京軍鶏のレバー&割れた卵をゲット!
●城島──麺の工場へ
 賞味期限切れの<捨てちゃう>のらぼううどんをゲット!
●澤──ジャガイモ農家へ
 小さすぎて出荷できない&割れて傷ついた<捨てちゃう>ジャガイモをゲット!
 小さすぎて出荷できない<捨てちゃう>タマネギをゲット!
●国分──ファーマーズセンター周辺の農家へ
 収穫時期が過ぎた<捨てちゃう>サヤエンドウをゲット!
●城島──農家へ
 放置していた<捨てちゃう>ウドをゲット!


「0円コロッケ」を作って食べる

こうして秋川市周辺で、捨てちゃう0円食材を集めた3人は、料理にとりかかった。

●澤・国分はジャガイモを茹でて、マッシャーでつぶす
 さらに東京軍鶏のレバーを茹で、細かく切る
 これを油を多めにしてフライパンで炒める
 タマネギをみじん切りにして炒める
 そこへ炒めた東京軍鶏のレバーを入れる
 →よく混ぜる
 →これをつぶしたジャガイモと混ぜる
 よくこねて、小判状にする

●城島はサヤエンドウを炒める
 そこへ三日月型に切ったタマネギを入れ一緒に炒める
 塩コショウ・酒で味を整えたら、
 あらかじめ茹でておいたのらぼううどんを投入
 →そのままで緑がかった「茂リタン」(白)
 →ケチャップを加えて「ナポリタン風」(赤)
 紅白2色の「0円コロッケ」の添え物の出来上がり!

●澤は卵をボールでかき混ぜる
●国分はポリ袋に入った刻んだ「のらぼううどん」を叩く
 それを茹でて冷やす
 →これを、コロッケのパン粉代わりの衣にして油で揚げる

●城島はウドの葉を素揚げにする
 →「0円コロッケ」の添え物に

以上で「0円コロッケ&2種のパスタ風」の出来上がり!
これにネギとジャガイモの味噌汁、ジャガイモのご飯をセットにして、
「0円コロッケ定食」の出来上がり!!

ここへ食材を提供してくれた皆さん方を招いて、試食パーティー。

味噌汁
国分「これ何の味噌汁?」
城島「いただいた伸びすぎたネギとジャガイモ」
国分「うまい」
澤「おいしい」
ジャガイモ農家「たまっちゃってどうにもならなくなっちゃうんで」
コロッケ
国分「これなかなかの発想、衣がうどんですから」
澤「外はカリカリで中はふんわりと」
国分「東京軍鶏のレバーもいい」
澤「レバーの食感もいいですね」
東京軍鶏生産者「衣が美味しい」「こんなになるとは思いませんでした」
国分「ちゃんとご飯と一緒に食べてくれてる」
東京軍鶏生産者「いや、美味しいんだよ」
うどんのパスタ風
澤「う、おいしい」
国分「パスタになってるね」
城島「洋食になってる」
ウド農家「料理も味付けで美味しくなるんだね」
城島「(澤に)どうですか、キッチンカーの料理」
澤「色んな料理また作りたい」
城島「じゃあキッチンとできたってことですね」(笑)
国分「飛行機うるさい!」

というわけで、今回も0円食堂大成功でした!

(2017年6月4日・日本テレビ系「ザ!鉄腕!DASH!」より)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

愛!wanna be with you… (初回限定盤+通常盤セット) [ TOKIO ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

fragile [ TOKIO ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

東京湾の深海・東京海底谷で超希少種のサメを捕獲!!生きている化石、4億年前からの生き残り「ラブカ」 [DASH海岸]

東京湾を多様な生き物が棲める海へ

東京湾の工業地帯の一角にある横浜DASH海岸は、今年で7年目。さまざまな工夫を施して生き物たちを呼ぼうと努力した甲斐あって、工場に囲まれているとは思えない透明度の水を実現。環境が良化した結果、生き物たちも予想を超える種類が集まり、しかも繁殖している。

DASH海岸の生物を四つ手網で調査

2017年4月、山口、木村さんとで横浜DASH海岸の生物調査を行った。
無数のボラの稚魚、それを捕まえるアカクラゲ(毒を持っている)、さらにスズキ(60cm)が姿を現した。
網をすぼめていくと、絶滅危惧種ニホンウナギの稚魚(5cm=シラスウナギ)も見つかった。
木村さん「今年も来ましたか」
山口「これが来たってことはいい環境になってきたってことだね。小魚を始め色々な魚が増えて」
木村さん「春は色々な魚が姿を見せるけど、深海も色々な魚が多い時期なんですよ」

東京海底谷へ乗り出す

東京湾の入口付近にある、最新750m東京海底谷の調査をしたのは、今まで冬だった。
そこにいたのは、タカアシガニ、古代サメ・ギンザメ、深海の悪魔・ゴブリンシャークなど。
春はさらに多くの生物がいるとの、木村さんの言葉に従って、城島も合流しての春の東京海底国調査に乗り出した。
乗せてもらったのは、千葉金谷の深海漁師・手嶌さんの船。ポイントは380mの深海上だ。
500mまで大丈夫な深海カメラで様子を調べることに。スルメイカを付けたカメラを深海に沈める。カメラは録画式なので引き上げるまで何が写っているかわからない。
1時間後カメラを引き上げてみると、スルメイカはぼろぼろだった。今までの甲殻類の食べ方と明らかに違う。一同、食い入るようにカメラの画面を見つめた。
シロムツ、アズマハナダイ、アミウツボ(普通浅いところにいる)、ウツボも食べちゃうサメ類も来た。フトツノザメだ。その次に来たのはフジクジラというサメ。スルメイカをむさぼり食べている。貪欲なサメで、タカアシガニも食べる。今回タカアシガニが映らなかったのはフジクジラを恐れてさらに深い所に逃げたからではないか。
城島「深海の生態系も変わりつつある」

漁船の網を引き上げると、かかっていたのは…

3日前に手嶌さんが仕掛けた網をウインチで回しながら引き上げる。すると最初に赤い魚が。
手嶌さん「ミナミキンメ」(正式名:ナンヨウキンメ=キンメダイの仲間)
次に来たのはグソクムシ。
山口「うわー!初めて見た!スゴい人気ですよね」水族館の人気者だ。
次に1mくらいの大きなサメが。ヘラツノザメだ。フライにすると旨いとのことだが、背中に毒針を持っているから要注意。
次に来たのは、何やら気持ち悪い物体。
山口も城島も「何だこれ!?」と興奮気味。
木村さん「超珍しい!とんでもないですよ」
その名は「ラブカ」
木村さん「研究者もぶっ飛びますよ」
城島「何の仲間ですか?」
木村さん「魚類の中で一番古いと言われているサメ」
「ラブカ」というのは、幻の古代ザメで、恐竜やシーラカンスより古い4億年前(デボン紀)からの生き残りの生物だという。生きた状態で上がることはほとんどなく、生態はいまだに謎多きサメだ。2004年にアメリカの無人探査機が海底で泳ぐラブカの姿を捉えた映像は世界中のサメ学者たちを驚かせた。死んだ状態でも貴重でロンドン博物館に所蔵されている。古来より伝説の怪獣・シーサーペントともいわれている他、あの映画『シン・ゴジラ』でのゴジラ第2形態のモデルにもなった。
貴重な種であるため、山口たちはラブカを海に戻した。ゆっくりと深海へと潜っていく。
手嶌さん「泳ぎ方はゆったりとゆったりと泳ぐね」
山口「もう見られないと思う。今後の人生で」
城島「逢えてよかった。ところで今年サメ多くないですか?」
木村さん「それだけ今年は深海に魚がたくさんいるからです」

その後もイガグリガニ(トゲトゲ)、オオエンコウガニ(10年に1匹の希少種)がかかるなど、成果がいっぱいの東京海底谷であった。

以上、2017年5月14日夜7時・日本テレビ系「ザ!鉄腕!DASH!」からでした。

【ザ!鉄腕!DASH!公式HP】http://www.ntv.co.jp/dash/


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

愛!wanna be with you… (初回限定盤+通常盤セット) [ TOKIO ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

fragile [ TOKIO ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)





長瀬智也の夏ドラは『ごめん、愛してる』〜TBS日曜劇場2017年7月放送開始 [長瀬智也]

長瀬は巨大企業と戦う運送会社の社長の役


長瀬智也が、7月スタートの新日曜劇場「ごめん、愛してる」(TBS系/毎週日曜よる9時)で主演を務める。
韓流大ヒットドラマ「ごめん、愛してる」が原作で、日曜劇場では初の主演に挑戦する長瀬が、吉岡里帆、坂口健太郎、大竹しのぶら豪華共演陣とせつなくも美しいラブストーリーを紡ぎ出す。
(2017.3.6オリコンニュースより)

あらすじは、「幼いころ母親に捨てられ不遇な環境で過ごしてきた岡崎律(長瀬智也)。底辺で生きる彼の居場所はもはや裏社会にしかなかった。そんな暗澹とした日々を送っていた律は、ひょんなことから一人の女性・三田凜華(吉岡里帆)を助ける。後に、これが二人にとって運命を変える出会いとなる…。
ある日、律は事件に巻き込まれ頭に致命的なけがを負い、命がいつ尽きるかわからない状態に。せめて最期に親孝行がしたいと実母を探し始めた律は情報を掴み、母親・日向麗子(大竹しのぶ)を探し当てる。しかし律が目にしたのは、貧しさゆえに自分を捨てたと思っていた母親が息子のサトル(坂口健太郎)に溢れんばかりの愛情を注ぐ姿。裕福で幸せそうな二人の様子に愕然とした律は、母親への思慕と憎しみに葛藤する。そんな時、律は凜華と再会する。凜華は幼馴染みであるサトルに思いを寄せていたが、その想いは届かず寂しさを抱えていた…」
(TBS日曜劇場ホームページより)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

愛!wanna be with you… (初回限定盤+通常盤セット) [ TOKIO ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

fragile [ TOKIO ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

新宿の屋上に蒔いた種が発芽し、成長し、花開き、ついに収穫の時を迎えた!  [新宿DASH]

新宿に自然を取り戻す企画

TOKIOの新企画は、新宿に生き物と共生するエリアを作るという「新宿DASH」。
昔の新宿は山も川もある、豊かな自然に恵まれていた。それを利用した畑や田んぼ、雑木林などが多く広がる土地だった。
江戸時代には、白キツネ、サル、タヌキ、キツネ、カッパ(市ヶ谷の伝承=カワウソ)、シカなど多くの動物が生息していたという。落合ほたる=ホタルもいたようだ。
しかし、明治以降の近代化や戦後の急速な都市開発によって、自然が激減してしまったこの新宿を、人間と生き物が共に暮らせる未来の街をつくろう!というプロジェクトが始動した。

ほうれん草とカブを初収穫

ベース基地の屋上に作ったTOKIOの畑に去年のクリスマスにTOKIO全員で蒔いた種は三瓶明雄さんからいただいた種。
これらが発芽し、順調に育って成長した。
ほうれん草には花が咲いた。触覚のような花だ。
2017年4月上旬、薬王院の森の土を掘り起こし、カブトムシの幼虫が出すフンが混じった土をいただき、新宿ベース基地屋上の畑にこの土を蒔いたところ、格段と野菜の成長が良くなったのだ。
4月下旬、新宿野菜の収穫にとりかかった。自分たちの野菜を収穫するのは、福島DASH村以来、実に6年ぶりのTOKIOだった。
種を採る分以外の、ほうれん草を収穫した。花が咲く前のものが良い。
カブもより元気な種を残せるよう、収穫して食べるのは小さいものに絞った。
まん丸で真っ白なカブだ。城島と山口がカブを試食。
城島「あ〜甘い。でもちょっとピリっとする」
山口「濃いな味。DASH村のカブもこういう味だった。いけるんじゃない」

収穫したほうれん草とカブを屋上で調理

【ほうれん草のおひたし】
ほうれん草の固い根元をまずお湯にさらす。
その後葉をお湯に入れることさっと10秒。
ほうれん草を引き上げボールに移し、冷水でしめる。
水気を切ったら、ラーメン用の醤油(富津産)をたらす。
これを絞り、包丁で適当なサイズに切る。
これを器に盛ったら、これもラーメン作りで使った宗田カツオの出汁でひたひたにする。
もちろん一番上には宗田鰹節の削り節をかける。

【カブの浅漬け】
カブの葉っぱは細かく刻む。
カブはくしの形(さらに半分位)に切って器に入れ、塩を振る。
塩はこれまたラーメン作りで使った石川県産「海塩」。
葉っぱと一緒にもめば出来上がり!

ご飯はTOKIOオリジナルの「新男米」。

生物研究家の山下さんも加えて実食!
山口「茎の歯ごたえがシャキシャキ。サラダっぽく食べられる」
城島「う〜ん!この出汁と醤油にほうれん草が負けてない」
山下さん「香りが高いですね。すごい立派」
カブの浅漬けをご飯にかけて、
山口「うん!最高!」
城島「めっちゃうまい」
山口「福島DASH村に帰ってきた気分だ」
城島「新宿なのに福島の味がする」
山口「おっ!ここ新宿だった?!」

ここに薬王院の母娘を招待。
たまきちゃんは一口食べて無言。
城島「そりゃそうやで、僕らも小学1年生の時は(カブは)食べられなかった」
でも男米はおいしそうに食べたたまきちゃんだった。

(2016年5月14日放送「ザ!鉄腕!DASH!」より)
【ザ!鉄腕!DASH!公式HP】http://www.ntv.co.jp/dash/


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

愛!wanna be with you… (初回限定盤+通常盤セット) [ TOKIO ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

fragile [ TOKIO ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)





国分、9ヶ月ぶりの0円食堂〜静岡県伊東市で「0円3色丼風」をつくる [0円食堂]

捨てちゃう食材だけど良い食材をゲット

3年かけて全国を巡り、昨年は関東・東北・北海道を回った0円食堂キッチンカー。
今回、城島と国分は、静岡県伊東市の道の駅「伊東マリンタウン」にやって来た。
テーマパークのような道の駅には年間240万人が訪れるという。伊東名産の干物類など海産物や野菜類も豊富だ。目の前が遊覧船乗り場になっており、場内には温泉施設や足湯(0円)もある。
売り場の広さも半端じゃない規模。なお、国分は9ヶ月ぶりの0円ロケである。
食材チェックすると、橙の生産量が日本一(ゆるキャラ「だいらちゃん」)で、金目鯛も水揚げ日本一とか。
ならばと二手に分かれて捨てる食材探しへ。

●国分──伊東港へ
 この日は時化でアウト→干物の加工店へ
 小さすぎて干物にできない<捨てちゃう>エボダイ&サバの骨をゲット!
●国分──みかん農園へ
 地面に落ちた収穫間近の<捨てちゃう>甘夏みかんをゲット!
●城島──以前定置網を一緒に行った川奈漁協へ
 冷凍焼けした<捨てちゃう>金目鯛の頭をゲット!
 冷凍庫に残っていた2年前の<捨てちゃう>サンマの丸干しをゲット!
●国分──菜の花農家へ
 ブロッコリーの<捨てちゃう>脇芽をゲット!
 花が咲いてしまった<捨てちゃう>菜の花をゲット!
●城島──農家で
 <捨てちゃう>又割れした大根をゲット!


「0円3色丼風」などを作って食べる

こうして伊東市周辺で、捨てちゃう0円食材を集めた2人は、料理にとりかかった。

●国分はサバの骨についた身をこそぎ、まな板の上で叩く
 ボールにお酒と味噌を入れサバ身と混ぜ合わす
 これを油をひかないフライパンで炒める(6本の箸でかき混ぜながら)
 →そぼろになる

●城島は小さいエボダイを三枚におろす
 トレイに醤油とみりんで漬け込む(10分)
 フライパンで焼く
 サバを焼き、小骨を取って身と分ける
 大根をスライサーで細長くカット→さらにみじん切りに
 これに小麦粉をまぶし、さっと湯通しする
 キッチンペーパーで水を吸い取り丼に入れる
 この上にサバのそぼろ、エボダイの身、サバの身、ブロッコリーを乗せる
 →「0円3色丼風」の出来上がり!

●国分は甘夏をくり抜き、皮は器に
 実は絞ってジュースに
 これをくり抜いた器に戻す
 そこに甘夏の果肉を浮かべる
 →「つぶつぶ入り0円甘夏ジュース」の出来上がり!


ここへ食材を提供してくれた皆さん方を招いて、試食パーティー。

まず「0円3色丼風」から。
国分「ウマい!大根とサバって合いますね」
いとう漁港「ウマい」
みかん農園「ウマい」
城島「ちょっと二度おいしくさせます」
国分「まだ美味しい食べ方がある」
焼いた金目鯛の頭を10分煮込んだ出汁を、残りの丼に注げば
「金目鯛の0円ダシ茶漬け」に!
城島「これおいしい!」
国分「エボダイ柔らかい。金目の出汁もよく出てる」
城島「伊東いいね!一等賞やね」
全員(笑)

というわけで、今回も0円食堂大成功でした!

(2016年4月23日・日本テレビ系「ザ!鉄腕!DASH!」より)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

愛!wanna be with you… (初回限定盤+通常盤セット) [ TOKIO ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

fragile [ TOKIO ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

松岡昌宏が4年ぶりの舞台に出演 『ダニーと紺碧の海』〜土井ケイトとの二人芝居 [松岡昌宏]

藤田俊太郎演出:紀伊国屋ホールと兵庫県立芸術文化センターで

松岡が舞台『ダニーと紺碧の海』に出演する。
2017年5月13日から東京・新宿の紀伊國屋ホール、5月27日から兵庫・西宮の兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホールで上演。

『ダニーと紺碧の海』は、映画化もされた『ダウト 疑いをめぐる寓話』で『ピュリツァー賞』戯曲部門や『トニー賞』演劇作品賞を受賞したアメリカの劇作家ジョン・パトリック・シャンリィによって1983年に執筆された戯曲。心の痛みを暴力によって吐き出す孤独な男・ダニーと、壊れた家庭環境に疲れた女・ロバータがニューヨーク・ブロンクスで出会い、惹かれ合っていく様を描く二人芝居だ。

ダニー役を演じるのは松岡昌宏。ロバータ役を、19歳の時に蜷川幸雄主宰のさいたまネクストシアターの旗揚げメンバーに選出された土井ケイトが演じる。演出を手掛けるのは、2005年から2016年まで蜷川幸雄作品の演出助手を務めた藤田俊太郎。

松岡昌宏のコメント:
数年に一度、舞台に立たせて頂いておりまして、今回もとても素敵なタイミングでお話をいただき、役者の幅を広げるキッカケにしたいと思っています。
更に今、最も注目されている演出家の藤田俊太郎さんとご一緒できるということで、自分の中にはない世界観を引き出して下さるのではと、たいへん楽しみです。刺激を頂きながらも、自分らしく楽しんでやっていきたいと思います。
(2017.2.4 SINRA.NETより)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

愛!wanna be with you… (初回限定盤+通常盤セット) [ TOKIO ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

fragile [ TOKIO ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

横浜港に様々な魚が戻ってきた〜カサゴ、メバル、クロソイ、ムラソイ、アイナメなど! [DASH海岸]

東京湾を多様な生き物が棲める海へ

東京湾の工業地帯の一角にある横浜DASH海岸は、今年で7年目。さまざまな工夫を施して生き物たちを呼ぼうと努力した甲斐あって、工場に囲まれているとは思えない透明度の水を実現。環境が良化した結果、生き物たちも予想を超える種類が集まり、しかも繁殖している。

新兵器「うみなかみるぞう君」で海中を撮影

2017年2月20日、関東に冬の嵐が吹き荒れた。
数日後、横浜DASH海岸の被害状況はどうだろうと、城島、山口、木村さんが調査に入った。
冬の嵐は南風だったから、南に入り口が開いているDASH海岸には避難してきた魚たちがたくさんいるのでは?との木村さんの弁。
そこで城島が取り出したのが「うみなかみるぞう君」〜水中ドローンみるぞうROV〜なるもの。
城島「神戸の社長(日夏さん)が作ってくれた新兵器」
山口「これどういうの?」
城島「水中を移動して撮影できるカメラ」
というわけで早速水中を撮影することにした。
「うみなかみるぞう君」は水中をゆっくりと進む。おだやかな海底を映し出す。すると海底にこぶのようなものが。
山口「アカエイだ」
「うみなかみるぞう君」が見つめると、体をひらひらさせながらどこかへ行ってしまった。
「うみなかみるぞう君」は観測台へ到達。そこにクロホシマンジュウダイの群れを発見。
木村さん「これも逃げ込んできたんんだと思います。上から襲われるの嫌だから観測台の下に隠れているんでしょう」
みるぞう君が次に捉えた映像は、なぜか海に住み着いた淡水生物・ミシシッピアカミミガメ。
次に岩場でマナマコを捉えた。
城島「根(岩場)にはたくさんの魚が来てる」
次にクロダイを発見。

ムラソイが戻ってきた!“煮魚の王”アイナメも横浜港に戻ってきている

木村さん「高知の伝統漁・籠網漁(かごあみりょう)で魚の調査しましょう」
木村さん「魚は常に自分の居場所を探している。新築の住宅は好きなんです」
城島「新築という言葉は憧れですから」
ということで籠網に葉っぱを刺して根にカモフラージュした仕掛けをDASH海岸の根の近くに置いて、その5日後に引き上げてみると、

クサフグ、イシガニ、マナマコ、マヒトデとカサゴのような魚が2匹かかっていた。
城島「カサゴじゃないですか?」
木村さん「カサゴの仲間なんですけど、第二海保で見たでしょ」
城島「ムラソイ?」
木村さん「違いは背中に斑点があるかないか」
山口「すると、4年前にここで見つけたムラソイの赤ちゃんが大きくなったんだ」
しかもお腹がプックリして子供がいそう。
木村さん「でもこれ卵を産むんじゃないんですよ。カサゴの仲間は赤ちゃんになってから産むんです」
木村さん「少しずつムラソイが横浜港に戻ってきてるんですね」
横浜の海は昔、日本有数の魚の産地だったが、戦後日本有数の汚れた海に。
しかし今では水質改善し、少しずつ再生されている。カサゴ、メバル、クロソイなどが戻ってきているし、前回も紹介したハゼも戻ってきている。

木村さん「“煮魚の王”と言われている魚も横浜港に戻ってきているらしいんですよ」
山口「煮魚の王!気になりますね」
キロ5000円以上の高級魚である“煮魚の王”とは、アイナメのことだ。

数日後、3人は漁船に乗り、アイナメを見事釣って、料理に舌鼓を打つのだが、この模様はザ!鉄腕!DASH!公式HPで。

以上、2017年3月26日夜7時・日本テレビ系「ザ!鉄腕!DASH!」からでした。

【ザ!鉄腕!DASH!公式HP】http://www.ntv.co.jp/dash/


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

愛!wanna be with you… (初回限定盤+通常盤セット) [ TOKIO ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

fragile [ TOKIO ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)





前の10件 | -